若者の声vol.7 「ラジオ実習」

 声優養成所に通っていた頃、「ラジオ実習」というものがあった。
 しっかり防音されたレコーディングルームに、生徒一人で入る。ガラス窓一枚をへだてた所で見守る先生やミキサーさん(音響を設定する人)の視線を感じながら、3分間フリートークをして、音楽紹介をする……よくあるラジオの流れを学ぶ授業だ。

 この3分間のフリートークが大変だった。
 ラジオなので、あらかじめ決めた原稿をそのまま読むわけにはいかない。しかも3分間の時間制限がある。
 なぜ3分間なのかと言えば、人が集中して話をきけるのはそれくらいの時間だから。それ以上聞かせるには相当のスキルが必要だという。

 その場でパッと3分間話せるほどのスキルはないので、だいたい話の流れを決め、何度か家で練習し、授業に備えた。

 レコーディングルームの扉を閉めると、全ての雑音が消える。
 大勢の前で話すのと違い、ガラス窓の向こうにいる先生達を見なければ、まるで一人きりでいるような静かな空間だ。
 ヘッドフォンを装着し、マイクの位置を確認。キュー出しのサインでスタートだ。
 時計を見て残り時間を確認しつつ、何とか話を終える。
 そこで先生から言われたのは「早口すぎる」「何を言ってるか分からないまま話が終わった」の評価。

 そんなに早口だっただろうか? 疑問に思いつつ、録音された音声を自分でも聞いてみる。
 すると、なんでこんなに早口なの?とびっくりするほどツラツラと話していて、間がない。自分では、もっとゆっくり話しているつもりだったのに。客観的にきいた声が、自分が思っていた声とあまりに違って、がっかりした。

 以下、先生に言われた注意点を上げていく。

 ①聞き手を意識し、間をとること!自分が思うゆっくりな話し方より、1,5倍はゆっくり話す!

 レコーディングルームでは一人かもしれないが、ラジオの向こうでは大勢の人が聞いている。しかし、大勢という多数に向かって話すのではいけない。見えない誰か、たった一人に対して話しかけるのが、ラジオのしゃべり方なのだ。

 ラジオの向こうにいる視聴者の顔は見えないが、ガラス窓一枚へだてた所にいるミキサーさんは、そこからでも見える。
 まずは、きいている人の顔を見てみる。
 うんうんと頷いていたら、伝わっている。首を傾げていたら、伝わっていない。
 相手の反応を見てから、次に進むこと。そうすれば自然な間が生まれる。

 ②一つの文はできるだけ短くまとめ、「、」でずっと続けるのではなく、「。」できちんと止めること!

 「~で、~と思って、~と言われて、~で、~で……」のように、一文が長く続くと分かりにくい。
 「~で、~と思った。~と言われて、~だ。そして……」文章をある程度短く区切って話す方が分かりやすい。
 書き言葉ではなく話し言葉だからこそ、長く間延びしやすい。

 ③話の着地点を決めること!

 自分が何を話したいのか、まずは結論から切り出す。後から、どうしてそうなったか、経緯を足していく。
 技量がある人は別だが、話が下手な人は、まずはそういう話し方をしてみる。
 分かりやすく説明しようとするのは良いが、説明を重ねすぎてなかなか本題に入れないことがある。すると、言いたいことを伝える前に飽きられてしまったり、話がズレてしまったりする。それを防ぐためだ。

 かつて「ラジオ実習」で習ったことだが、今になってよく思い出す。もっとも、できる、できないはまた別の話だが。

執筆者:塩利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>