若者の声vol.7 「ラジオ実習」

 声優養成所に通っていた頃、「ラジオ実習」というものがあった。
 しっかり防音されたレコーディングルームに、生徒一人で入る。ガラス窓一枚をへだてた所で見守る先生やミキサーさん(音響を設定する人)の視線を感じながら、3分間フリートークをして、音楽紹介をする……よくあるラジオの流れを学ぶ授業だ。

 この3分間のフリートークが大変だった。
 ラジオなので、あらかじめ決めた原稿をそのまま読むわけにはいかない。しかも3分間の時間制限がある。
 なぜ3分間なのかと言えば、人が集中して話をきけるのはそれくらいの時間だから。それ以上聞かせるには相当のスキルが必要だという。

 その場でパッと3分間話せるほどのスキルはないので、だいたい話の流れを決め、何度か家で練習し、授業に備えた。

 レコーディングルームの扉を閉めると、全ての雑音が消える。
 大勢の前で話すのと違い、ガラス窓の向こうにいる先生達を見なければ、まるで一人きりでいるような静かな空間だ。
 ヘッドフォンを装着し、マイクの位置を確認。キュー出しのサインでスタートだ。
 時計を見て残り時間を確認しつつ、何とか話を終える。
 そこで先生から言われたのは「早口すぎる」「何を言ってるか分からないまま話が終わった」の評価。

 そんなに早口だっただろうか? 疑問に思いつつ、録音された音声を自分でも聞いてみる。
 すると、なんでこんなに早口なの?とびっくりするほどツラツラと話していて、間がない。自分では、もっとゆっくり話しているつもりだったのに。客観的にきいた声が、自分が思っていた声とあまりに違って、がっかりした。

 以下、先生に言われた注意点を上げていく。

 ①聞き手を意識し、間をとること!自分が思うゆっくりな話し方より、1,5倍はゆっくり話す!

 レコーディングルームでは一人かもしれないが、ラジオの向こうでは大勢の人が聞いている。しかし、大勢という多数に向かって話すのではいけない。見えない誰か、たった一人に対して話しかけるのが、ラジオのしゃべり方なのだ。

 ラジオの向こうにいる視聴者の顔は見えないが、ガラス窓一枚へだてた所にいるミキサーさんは、そこからでも見える。
 まずは、きいている人の顔を見てみる。
 うんうんと頷いていたら、伝わっている。首を傾げていたら、伝わっていない。
 相手の反応を見てから、次に進むこと。そうすれば自然な間が生まれる。

 ②一つの文はできるだけ短くまとめ、「、」でずっと続けるのではなく、「。」できちんと止めること!

 「~で、~と思って、~と言われて、~で、~で……」のように、一文が長く続くと分かりにくい。
 「~で、~と思った。~と言われて、~だ。そして……」文章をある程度短く区切って話す方が分かりやすい。
 書き言葉ではなく話し言葉だからこそ、長く間延びしやすい。

 ③話の着地点を決めること!

 自分が何を話したいのか、まずは結論から切り出す。後から、どうしてそうなったか、経緯を足していく。
 技量がある人は別だが、話が下手な人は、まずはそういう話し方をしてみる。
 分かりやすく説明しようとするのは良いが、説明を重ねすぎてなかなか本題に入れないことがある。すると、言いたいことを伝える前に飽きられてしまったり、話がズレてしまったりする。それを防ぐためだ。

 かつて「ラジオ実習」で習ったことだが、今になってよく思い出す。もっとも、できる、できないはまた別の話だが。

執筆者:塩利

IYCW IC2016 報告会

2016.12.2に札幌JOC全体(働く人の家グループ+うぇるかむはうすグループ)でJOCの国際評議会の報告会を開きました。青年だけでなく神父さんたちも話を聞きに来てくれて、札幌からの参加者のヒカル君からスライドショーにて様子を伝えてくれました。世界各国の青年と出会い、また各国の運動や現状の報告を聞き、とても刺激的な報告会でした。その後はお土産を貰ったり、ミカさんのお母さん手作りのケーキを頂いたり。寒い札幌ですが温かな時間でした。(きし)img_0984

img_0983img_0989

img_0987img_1004

img_0<a href=img_3103

img_1017img_3104994″ width=”532″ height=”291″ class=”alignnone size-large wp-image-3072″ />img_1011

img_1006

若者の声vol.6 「 watariとioの対談」

※今回の若者の声は広報担当のwatariがメンバーの一人であるioさんにインタビューをしていく形式で進んで行きます

watari―――あ、テステス、マイク良好

io―――なにやってるの(笑)

watari―――原稿書く際の文書化のための録音と雰囲気作りですね、実際大事
てな訳でこれからインタビューしていくわけですね、よろしくお願いします

io―――よろしくお願いします

・名前と由来

watari―――ではまずお名前とその由来から

io―――それは本名?それともio表記の由来?

watari―――本名のつもりでしたがどちらもお願いしようかな?

io―――io表記についてはただ単にイニシャルから来てるんだよね
名前の由来は…インデペンデンス(Independence)とオリジナリティ(Originality)から来てます

watari―――ほぅ!英単語から名前の由来が来てるんですね!

io―――そうだね

watari―――つまり独立心の強く独創性のある人間になってほしいと言う願いが込められていると…

io―――そうなれてるといいんだけどね…

watari―――いや充分なってるから(笑)

io―――そう?

watari―――トテモミリョクテキナカタダトオモイマスヨ(棒読み)

io―――(笑)
まぁ棒読みでもいっか(笑)

・好きな事

watari―――好きな事は何ですか?

io―――好きな事…それはする事とか?

watari―――まぁそうですね…趣味とかそんな感じで

io―――旅!

waatari―――旅!…え?旅!?

io―――うん旅!

watari ―――TA・BI!詳しく教えてもらえますか?

io―――色々な場所に行って普段の日常とは違う色んな考えが出来るし、新しい発見が出来たり…自分の頭が一番クリーンになるのが旅ですね!

watari―――おぉ…!ちなみに他に好きな事とかありますか?

io―――他には映画とか見たりするのが好きですね

watari―――おっとぉ!

io―――え!?

watari―――これは次のテーマに行くのが省けた!

・好きな映画

watari―――以前レビュー書いた位ですし、俺も映画好きなんですよね
てなわけで好きな映画を!

io―――好きな映画は…いっぱいあるけど直ぐに浮かぶ『クラッシュ』って映画かなぁ?

watari―――どんな映画です?

io―――アメリカの追突事故から始まっていく社会派映画です
身近な事から社会的な事に繋がっていく展開が好きで…

watari―――ドキュメンタリー系?ドラマ系?

io―――ヒューマンドラマになるのかな?DVDも持ってて何回も見てます!

watari―――そのうちブルーレイディスク初回限定盤とかでたら手を出しちゃう感じの…

io―――そこまでは…(苦笑)

watari―――手出せや(真顔)

io―――ストーリーが気に入ってるだけだから観れれば良いから

watari―――あぁ、ほんとにシナリオが気に入ったパターンだね!

io―――そう!…他はえーっと、イギリスの映画で…コリン・ファースが出てるんだけど…

watari―――そこは俳優覚えてるんですね

io―――好きな俳優だからね…あ、思い出した!『キングスマン』!最近印象に残ってるのはこの映画です!

watari―――どんなジャンル?

io―――アクションコメディ、かな?

watari―――(後で見てみよう)

・あなたに影響を与えた事

watari―――では、ここまでの事も含めて、ioさんに影響を与えた事柄っていうか、ioさんのルーツ的な事を聞きてもいいですか?

io―――やっぱりイタリアの生活かなぁ?

watari―――イタリアに住んでたの?

io―――家族で

watari―――家族で!?

io―――うん、家族で
イタリアでの生活の中にあった喜びや葛藤、それが一番ルーツ大きかったのかなぁ

watari―――具体的なエピソードとかありますか?

io―――やっぱりイタリアは白人が殆どで、日本人っていう事から差別的な目で見られたり
日本でも小さいころに日本に居なかったから日本語が話せなくなって同じ日本人から「ホントに日本人?」って言われた事もあったね…
日本に帰ってきてからの方が苦労したかな?

watari―――と、言うと?

io―――日本って社会自体がすっごく厳しくて…なんていうのかな…

watari―――…スパルタ?

io―――そう
日本って個より集団を大事にしているところが強くて、それに合わない人が排除されたり自ら身を引かなきゃいけない
そこに私は「何で?」って思い続けて…ずっとアイデンティティを探し続けてきたのかなぁ?

watari―――俺も同じような感じなのでなんとなくわかります

・最後に

watari―――インタビューは以上になるんですが…これだけだと味気ないと思うので、最後に何か一言お願いします!

io―――そうねぇ…自分の足元から、自分の疑問や違和感を発する事ができるような若者でいたいですね
自分が将来年を取った後も若者がそういった声を発することができる社会にしていきたいし、自分もそんな風に成長していきたいですね

なにより、自分も生きていく意味があるって信じたいです!

watari―――最後の一言、ありがとうございました!

・おまけ

watari―――あ、そうそう聞きたい事があったんだった

io―――あれ?おわったんじゃないの?

watari―――ずばり!スリーサイズを!

io―――…

セクハラ禁止!
     ∧_∧ミ∧∧
     (#・ω・)/))~)∴
    0_  彡⊂)
      > /(  \
      (_( ∪ ̄\)

―――ブツッ!

若者の声vol.5 「 ヒカルの声」

こんにちは、札幌JOCメンバーのヒカルです!
今回は元旅行会社社員の僕が、不思議な体験ができる観光地を宣伝します。

オススメは、スタバもできたけど日本一の砂場がある鳥取県です!

鳥取といえば、鳥取砂丘。
広大な砂漠のような、こんなイメージかと思います。

hikaru1

こんな風に海に面しているので不思議な感じがしますが、とても美しいですね。

hikaru2

かつてここでは砂漠を緑化する研究を行い、その結果予想以上に緑化してしまいました。
今では砂丘を守るために、地元ボランティアが草取りを必死に行っております(=゚ω゚)ノ

hikaru3

そして鳥取県は水木しげる先生の故郷でもあります。
境港には153体の妖怪のブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」がありますね。

その方面では、自動車で一定の速度で走るとタイヤの振動でゲゲゲの鬼太郎のテーマ曲が鳴る「メロディロード」があります。
米子空港に繋がる道路ですので、ぜひ通ってみましょう!

そして僕が一番オススメしたいのは、大山(だいせん)という山です。
人気のスキー場であり、歴史ある自然遺産です。
何と言っても、ここでは本物の妖怪にも会えるかもしれません!

僕が宿泊したペンションは、その日の宿泊客が僕と友達の二人だけで、管理人が途中で出掛けてしまうという素晴らしい状況でした。

誰もいない部屋から椅子を引きずる音がしたり、真夜中にパンを焼いている匂いがしたり、明らかに何か居る空気が漂っていました。

そして見てしまったものは、階段を囲むよう四面に貼ってあるお札です!!

翌朝管理人に妖怪伝説について聞いてみると、大山には烏天狗がいるとのことでした。
そしてもともと昔には結界として山を囲む鳥居があったのですが、ある時それを破壊して人間が住むようになったそうです。

更に階段のお札について率直に聞いてみると…

管理人の顔から笑顔が消え、「あっ…それは、気にしないでください…」と言われました。

((((;゚Д゚)))))))

これはガチなやつだぜ!

このペンションに泊まってみたい方は、JOCトラベル札幌店のヒカルにお問い合わせください♪( ´▽`)

自由学校『遊』 寸劇「働く若者たちの現状」

7月25日(月)、自由学校『遊』の企画で「働く若者たちの現状」を寸劇で発表してきました!
JOCの青年たちが職場であった様々な体験を語り合い、その中からシナリオが出来上がって来ました。
メンバーたちの当事者ならではの熱のこもった演技にも注目してください!

寸劇の動画は、下のURLから見れます!

パワハラ
休んじゃダメよ
不健康で不安定

若者の声vol.4 「 乃木坂46」

こんにちわん!! 若者の声5月担当 黒川健太です。 今回、自分が好きなアーティスト乃木坂46について書きます。ここからは「瞬き禁止!居眠り禁止!あくび禁止!」でご覧ください(笑)
nogizaka46-14th-1080x360
乃木坂46を最初に知ったのは2014年10月8日発売の10枚目シングル「何度目の青空か?」の歌収録された映像をyoutube
で観て、「若者には無限の可能性と希望がある。だが時は永遠ではなく、過ぎていくものだ。今を大事にし、前をしっかり見つめて歩けば今よりもっと素敵な未来が待っている」という曲の歌詞がもつメッセージ性の部分に惹かれました。

そこに、プラスされて乃木坂46は清楚なお嬢さんのようなルックスのメンバーが多く。しかも綺麗な顔立ちをした子が多いという印象で派手すぎず、地味すぎず、白をベースにピンクとブルーが入ったふんわりとしたワンピースを身にまとったメンバーたちで少しどこか影もある雰囲気に好感を持ちました。 

そこから、乃木坂46の出演しているテレビをチェックするようになりアーティストとしての光の中で輝く彼女たちの姿も、その裏で様々な葛藤や孤独を抱えながら自分を変えたいという思いから少女たちが乃木坂46として活動していることを知りました。彼女たちが乃木坂46のオーディションに応募した動機についても、生駒里奈がいじめを受けていたので自分を変えるため。西野七瀬は女子同士の付き合いに悩んでいたから。橋本奈々未は、生活苦で食費のためロケ弁を食べたかったため。白石麻衣は、不登校を打開するため。など、過去の自分を変えたいと言う動機で乃木坂46に応募した人が多いんです。

「人は変われる。」
自己啓発でも軽々しく語らえるこの命題ですが、乃木坂46の彼女たちのひたむきな姿や活躍を見て思うのは、本当に「人は変われる。」ということです。
しかし「変わろう!」と思って変わるものでは無いのです。
・変わるには環境を変えること。
・変わる環境に飛び込む決意と覚悟をすること。
・そしてそこでひたむきに努力をすること。

これが絶対条件です。

それができたからこそ乃木坂46のメンバーたちは過去の自分から脱却し変われたのではないかと思います。

アイドルという世界は、偏見をもたれやすい。実際乃木坂好きなんだよねと知人に話しても「お前、年いくつだよ、大して歌も上手くなければ、踊りも適当で、基本口パクで、それなりに綺麗な顔がニコニコ笑っているだけ...」と揶揄されるときもあります。  

正直、JOCの公式ページで若者の声として乃木坂について連載書くのに勇気がいりました。あはは(笑) 
ではでは、最後に乃木坂46最新シングルのハルジオンが咲く頃でしめたいと思います。のぎー!!

5月21日 土曜グループ定例会

暖かくなり始めたと同時に暑くなる

溶けそう( ^ω^)

お久しぶりです、watariです

今日の定例会は

・キッシROLWA
・スケジュール確認
・今後のスケジュール

の3本です

キッシのROLWAですが、彼の今後の生活、夢、人生の希望についてお互いに分かち合っていきました
その中で感じた事としてあげるなら…やっぱり身体は大事だね(´・ω・`)
詳しく書くと彼のプライベートな事に関わるので、気になる方は本人に確認するかJOC活動にご参加を!(姑息な宣伝

今後のスケジュールについて少し告知を

まず6月3日、JOC会計の勉強会を行います
JOCが運営される為に一体いくらのお金が必要なのか?どれだけの人が関わっているのか?
今一度確認してみませんか?

さらに6月26日、自由と生存の連帯メーデーin札幌というイベントがあります!
詳しくはおしらせページに掲載しますので、そちらの告知をご参照ください!

土曜定例会は次回は6月11日!

5月14日 土曜グループ定例会

暖かくなり始めたと同時に忙しくなる、これ世の理なり(ぇ?

お久しぶりです、誰も待ってなかっただろうけどwatariです

待っててくれる優しい人いたらありがとう
待ってない人達は…( ^ω^)

そんなネガティブなのかよく分からない話は置いといて、今日の定例会は

・ROLWA(ロルワ)の勉強会

の1本です

ROLWA…JOCの活動をしていく中で切っても切れない活動であり、根本にかかわる活動です

元々はフランス語で『生活と活動の見直し』という言葉を頭文字5文字の略称でROLWAと呼んでいます

我々が生きていく中でどんな事が望みなのでしょうか…
貴方の人生で重要なのは?
権力?金?夢?

己が人生を仲間と見ていき、人生にどんな選択があるか判断し、それを計画、実行する

文章に書くと無茶苦茶簡単に見えますが、言うは易し行うは難し

次回は5月21日!
丁度メンバーのROLWAがあるので、どんな活動をしているか興味がある方は一度ご一報を!

私の好きなお花

皆様こんにちは。札幌JOCメンバーの真夜(ペンネーム)です。
今日は私の好きなお花を紹介したいと思います。
スナップドラゴン…と聞けばなにやら仰々しい名前だと思いますが金魚草、と聞くと何気に親しみのありそうな名前だと思うのです。金魚草はこんな感じのたくさんの金魚が泳いでいるようなお花でかわいいお花でした。

IMG_5891

オオバコ科キンギョソウ属で和名が金魚草なのだとか。英名がスナップドラゴンだそうで理由はミツバチが花の中に入って蜜を吸う様子をミツバチがドラゴン(竜)に飲み込まれているような姿になぞらえて表現したそうです。
でも可愛いのとは裏腹に種の状態になると恐ろしい事になります。

0546c9f6

…ドクロにも見えますがこれで立派な種の状態だそうです…せっかく可愛かったのに、…恐ろしい子!!(笑)

まあ、そんなこんなで私の好きなお花の紹介を終えたいと思います。
皆様お付き合いありがとうございました。

2016年 働く人の家総会

4月24日(日)、働く人の家の総会が開かれました!
働く人の家の1階を使って、参加者同士の交流、働く人の家・JOCの活動・会計報告などをしました。

IMG_9893

IMG_9898

sushi

交流会の様子。美味しいお寿司が出て思わず食べ過ぎちゃいました(^^;

IMG_9903

働く人の家の活動報告。この家は、JOCの青年以外にも様々な団体の集会や近所の子供たちの誕生会(!)などで使用されています。

IMG_9918

CWA(JocOB)の活動報告。月一回の例会のほか、社会運動やJOCの青年たちとの関わりを持っています。今回の総会でも交流会の準備を担当していただきました。

IMG_9941

札幌JOC、働く人の家グループの活動報告。昨年度の活動(ミニセミナーやアジア地域の常勤JOC職員訪問)と今年度の目標を発表しました!

IMG_9945

札幌JOC、ウェルカムハウスグループの活動報告。昨年度は、バーベキューやお好み焼きパーティなどで、地域の青年や様々な国籍を持つ人たちと楽しく交流しました。今年度はどんな面白い活動をするのでしょうか?

IMG_9973

ケンとユイちゃんの漫z…ではなく、全国のJOCが共通で取り組む目標(豊かな場を創る)を発表しました。

IMG_9994

活動報告後、参加者の方に感想をいただきました。「若者たちが集まって、自分のことや社会問題に取り組んでいるのは頼もしい。これからもがんばって欲しい!」

syugou

最後は参加者みんなで集まって集合写真を撮りました。総勢30人以上!参加していただき、ありがとうございました!