若者の声vol.4 「 乃木坂46」

こんにちわん!! 若者の声5月担当 黒川健太です。 今回、自分が好きなアーティスト乃木坂46について書きます。ここからは「瞬き禁止!居眠り禁止!あくび禁止!」でご覧ください(笑)
nogizaka46-14th-1080x360
乃木坂46を最初に知ったのは2014年10月8日発売の10枚目シングル「何度目の青空か?」の歌収録された映像をyoutube
で観て、「若者には無限の可能性と希望がある。だが時は永遠ではなく、過ぎていくものだ。今を大事にし、前をしっかり見つめて歩けば今よりもっと素敵な未来が待っている」という曲の歌詞がもつメッセージ性の部分に惹かれました。
https://www.youtube.com/watch?v=MLdFpc0LS3U
そこに、プラスされて乃木坂46は清楚なお嬢さんのようなルックスのメンバーが多く。しかも綺麗な顔立ちをした子が多いという印象で派手すぎず、地味すぎず、白をベースにピンクとブルーが入ったふんわりとしたワンピースを身にまとったメンバーたちで少しどこか影もある雰囲気に好感を持ちました。 

そこから、乃木坂46の出演しているテレビをチェックするようになりアーティストとしての光の中で輝く彼女たちの姿も、その裏で様々な葛藤や孤独を抱えながら自分を変えたいという思いから少女たちが乃木坂46として活動していることを知りました。彼女たちが乃木坂46のオーディションに応募した動機についても、生駒里奈がいじめを受けていたので自分を変えるため。西野七瀬は女子同士の付き合いに悩んでいたから。橋本奈々未は、生活苦で食費のためロケ弁を食べたかったため。白石麻衣は、不登校を打開するため。など、過去の自分を変えたいと言う動機で乃木坂46に応募した人が多いんです。

「人は変われる。」
自己啓発でも軽々しく語らえるこの命題ですが、乃木坂46の彼女たちのひたむきな姿や活躍を見て思うのは、本当に「人は変われる。」ということです。
しかし「変わろう!」と思って変わるものでは無いのです。
・変わるには環境を変えること。
・変わる環境に飛び込む決意と覚悟をすること。
・そしてそこでひたむきに努力をすること。

これが絶対条件です。

それができたからこそ乃木坂46のメンバーたちは過去の自分から脱却し変われたのではないかと思います。

アイドルという世界は、偏見をもたれやすい。実際乃木坂好きなんだよねと知人に話しても「お前、年いくつだよ、大して歌も上手くなければ、踊りも適当で、基本口パクで、それなりに綺麗な顔がニコニコ笑っているだけ...」と揶揄されるときもあります。  

正直、JOCの公式ページで若者の声として乃木坂について連載書くのに勇気がいりました。あはは(笑) 
ではでは、最後に乃木坂46最新シングルのハルジオンが咲く頃でしめたいと思います。のぎー!!
https://www.youtube.com/watch?v=rkZ37IvpkaA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA