Archive for 3月, 2015

2015/3/28定例会

月曜日, 3月 30th, 2015

この日は、前日から東京に訪問に来ていた大阪JOCのパトリック神父さんと一緒に、メンバーのちえみちゃんの職場を訪問しました!

公園の「ふれあい動物広場」で小さな動物や子どもを相手に働くちえみちゃんの姿はいつもの集まりの時とは少し違って新鮮でした^^

今回は、前回の定例会(http://www.ycw.jp/tokyo/?p=489)に引き続き全国目標についての分かち合いをしました。

前回話し合ったみんなの現状から、その共通点を考えた時に、

・職場での人間関係を築くのが難しい

・人とのつながりを望んでいる

・「そのままの自分」を自分で認めるのが難しいと感じている

・自分を大切にしたい、人間らしくありたいと思っている

といった共通の現状が見えてきました。

続いてその原因が何かを考えていくと、職場が、または社会全体が「失敗できない場所」であるために、少しでも自分の立場を危うくすることを怖れてしまい、そのために、出会う人に対しても警戒心を抱かざるをえないのではないか…という構造が浮かび上がってきました。

最後に、これからどうしていきたいかを話し合い、次のような目標がみんなの中から挙がりました。

・自分たちの現状から出発して、JOCの中で一人一人の青年が社会とつながる瞬間を作りたい。

・自分の置かれている現状が大きな問題とつながっていることを、他の多くの人にも知ってもらいたい。

・JOCを、自分の現状が安心して話せる場にしていきたい。

・社会のたくさんの人たちと、同じ目標を持つ仲間になることを目指したい。

これから、東京JOCの活動の中にこれらのことを盛り込んでプランを立てていきたいと思います!

 

  

   

2015/3/21定例会

水曜日, 3月 25th, 2015

今回は、全国目標である「自分と相手の可能性を信じて社会や人と関わろう!」について分かち合いました。

人や社会とのつながりについて、みんなの現状を聞いたところ、職場で人と仲良くなるのが難しい、という声が複数あがりました。

魅力を感じて、もっと仲良くなりたいな、と思う相手でも、職場の人だとなんとなく遠慮してしまって声をかけられない。また、職場の仲間同士で個人的につながって仲良くなるのを会社が禁止していた…という体験談もありました。

自分の周りにいる人を大切にし、つながりを築くことは、職場を良くし、やがては社会を良くしていくことにも結びつく…ということを改めて確認し、まずは自分自身が「人として大切な存在なのだ」と思い出すことが大事だね、と話し合いました。

  

  

2015/3/14定例会

月曜日, 3月 16th, 2015

今週は、ペラール神父さまの司祭叙階50周年のお祝いの計画を立てたり、「友達」をテーマに分かち合いを行いました。

ペラールさんの50周年のお祝いは、アットホームなコンサートと記念の「感謝ミサ」、2日間で開催します^^

「友達」についての分かち合いでは、「相手と友達になりたいと思う瞬間はどんな時か」話し合ったところ、たくさんの意見が出てきました。

相手と共感できると思った時、安心できる・信頼できると思った時、といった意見の他に、悩んでいる人が気にかかって友達になりたいと思う、自分と違うところが気になって魅力を感じる、などという意見も。

自分と友達になってくれる人なんていない…と落ち込んでしまう時もあるけれど、そんな落ち込んでいる姿が気になって、友達になりたいと思ってくれている人もいるかもしれない…と話し合いました。

また、職場ではお互いに足を引っ張り合う意識が強くて、信頼できる関係を築くのが難しいといった話…

自分が人から気にかけてもらえたり、声をかけてもらえるのが嬉しいように、自分自身も人に対して声をかけたいといった話…

人との関係づくりの難しさなども話しながら、人とのつながりの中で本当の人間らしさを求めていきたいと、みんなで話していました。



2015/3/7定例会

月曜日, 3月 9th, 2015

今週は、3/8の国際女性デーに合わせて、セクハラについての分かち合いをしました。

最初に、いくつかのセクハラやジェンダーハラスメント、マタニティーハラスメントなどの例を紹介して、みんなに思い当たることがあるか聞いてみると、少しずつ職場や学校で受けたハラスメントの体験が上がってきました。

男性のメンバーからは、同性から「男なんだから平気だろう」とデリケートな気遣いをしてもらえなかったことが、本当は辛かったという声もありました。

清掃のバイトをした時に、男子トイレも女子トイレも、掃除は女性しかやってはいけない決まりになっていた…という体験も挙げられました。

話していくうちに、ハラスメントをする人は、相手を機械のように見ているんじゃないか、という発見がありました。

…相手は自分が命令した通りに動くものだ。自分の思い通りになる存在だ。男なら男、女なら女という枠に当てはまっていなければならない。皆同じ型通りに行動するはずだ…

こういった思い込みの中で、ハラスメントをする人は、相手だけでなく自分自身のことも型通りに動く機械のように捉えてしまっているのではないか…。

人と向き合う時に、相手が人間だということを忘れないこと。自分自身も人間だということを忘れないこと。とても基本的なことですが、忘れがちになってしまう社会の現状があるのではないでしょうか…。

ちなみに夕食は、料理上手が3人もいたのでとっても美味しいディナーでした!

こだわりのナポリタンと、にんじんポタージュ、アボカド入りイタリアンサラダです(*^^*)



2015/2/28定例会

月曜日, 3月 2nd, 2015

今週は、今年の日本JOCの全国目標である「自分と相手の可能性を信じて、社会と人に関わろう!」をもとに、自己紹介をより深める分かち合いを行いました。

ふだんは相手に遠慮してしまって、あまり深く質問することがないという青年たちも、今回は勇気を出して相手にいろいろ質問してみよう!という会です。

質問してみると、今まで見えてこなかったみんなの色々な面が見えて、意外な共通点が見つかったりと、楽しい時間になりました。

職場や普段の友達付き合いの中でも、ちょっと勇気を出して相手のことを知ろうとしてみることが大切ですね。

今回集まりの写真を撮り忘れてしまったので働く人の家からの素晴らしい眺めをお楽しみください…^^;